しろくまシステムズのブログ 「淡い期待」

東京都中央区日本橋蛎殻町のホームページ制作会社のブログ。人形町や水天宮でのできごとの話と、たまにホームページ制作の話を書いていきます。日本橋が好きなのでほんの少しでも町の活気に貢献できたらいいなと思います。

今日は東京大空襲があった日、ということで、住吉にある東京大空襲・戦災資料センターへ行ってきました。

ここは東京大空襲の惨状を次世代に語り継ぎ、平和の研究と学習に役立つことを願って、設立された民間の資料館です。入り口には「戦火の下で」と題された子どもを抱く母親の銅像が建てられており、その横に昭和20年3月10日の気象が記されていました。

気温3.4℃、風速7.9~12.7m。今日が6℃前後、風速8mだそうなので、かなり寒かったんですね。

館内には戦争被害のデータや、当時の都民の暮らしぶり、空襲で焼かれた品々などが展示がされています。 


当時の生活の様子。もんぺがかけられていたり、窓ガラスに飛散防止のテープが貼ってあります。


現在しろくま社がある日本橋エリアの焼け跡

今日は、鎮魂の想いを込めて、ハープ・シンセサイザー奏者の八木健一・ゆみ子さんご夫婦とテノール歌手・喜納兼徳さんによる演奏会が開かれていました。

3月10日の夜はとても風の強かったこと、逃げる間に思い出した桜吹雪、飛行機の来襲の音などを表わした「寒い夜に」、「祈り・光へ(鎮魂)」などが演奏されました。

来館された方は戦争体験者の方が多かったようで、八木さんや嘉納さんのお身内が体験した戦争の話を「うんうん、そうだったねえ」と相づちを打ちながら聞かれていました。そのなかで、おそらく来場者で最年少だった私が一番心に残っているのは、演奏曲の1つ「椰子の実」のお話でした。

その日も一日を無事過ごして、夜ご飯を食べ、楽しみにしていた国民歌謡を流すラジオ番組から、一番人気のあった曲「椰子の実」が放送されたそうです。それを聞いて家族が寝入ったところに空襲があった、と仰っていました。

戦争が普通の人々や、家族の日常の中に入り込んでいたんだなぁ、と痛感したお話でした。

今年は戦争から69年目になるそうですが、すでに日本人口の80%が戦争を知らない世代になっているとのこと。

私も長崎の原爆資料館に行ったり、テレビなどで見聞きした知識はありましたが、こんなに間近に知るチャンスは初めてで、今日という日に相応しい経験をしたな、と思いながら会社に帰ってきました。 

Pocket
LINEで送る

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 日本橋・茅場町・人形町情報へ
東京都中央区日本橋ホームページ制作 しろくまシステムズ

No Comments :(